日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
こんなときこそ「5×10」
2009年08月27日 (木) | 編集 |
よく、家族なんかに諭される。。。
「あんた、本当によく考えなよ。嵐と○○と一体どっちが大切なのか。」

この答えは、どんなに考えても
どんなに深く考えても
私の場合、
「嵐」となる。
なので、2007年だったかの初めての東京ドーム。
義父のお葬式のさなか、北海道から東京に飛んだ。
普通の、常識人ではきっと考えられないことなんだと思うけれど、
私にとって、そこは「何よりも大切な場所」だったんだ。

そして、空港に私を送りながら家族は
「なんで、チケット持っているんだよ。。。絶対に許さない。」
と言った。たぶん、未だに許されていないと思う。

嵐君が聞いたらこういうでしょう。
「かとりん、そんなに無理しなくていいんだよ。」って。

だけど、これが私の価値観。
だから、あの日、辿り着いた東京で「we can make it」のトラックが、信号待ちで私の前に停まったとき運命さえも感じてた。

「5×10」
なかなかじっくりとステレオの前に座ってCDを聞いたりしない。
唯一、じっくり聞くのはマンハッタンへの移動中。
昨日、電車の中で、ぼんやりと変わらない風景を見ながら聞いていた。

不思議と、、、このベストの曲達を聞いていると、どの曲を聴いても私には「風景」が浮かんでくる。
人間には「視覚タイプ」「聴覚タイプ」「感覚タイプ」で物事をイメージするタイプが分かれるそうです。だったら、私は完全に視覚タイプ。

もちろん、音楽は一度聴いたら忘れない。でも、その音楽から私はいつも風景を見る。まぁ、それぞれの曲ひとつひとつに思い出があるってことなんですけれど。

「5×10」を聞いているとまさに、色々な風景が甦ってきます。
ある曲はコンサートだったり、ある曲はテレビの画面だったり、ある曲は以前の職場だったり。。
そして、なぜかマンハッタンへ向かう電車の中で、目をパチパチしていなければならないくらい涙が出てくる。

嵐との思い出が私にはいっぱいで、結構がんばって生きていた自分が彼らの歌とともに存在してたことが、一緒に甦ってくるから。(今や、全然がんばっていない。流しています。。。爆!)

「ARASHI」はやっぱり、5人が輪になってダンスするコンサートの風景。
「台風ジェネレーション」は死ぬほどリピったpv。顔と顔をくっつける相葉ちゃんと潤君が、めんこかった~。
「ピカ☆ンチ」は、運動会の団体競技の入場曲に使ったんだよな~。
「瞳の中のギャラクシー」を聞いたら、この曲の最後に二ノがソロのためにいなくなる、、、っていうステージに残った4人を思い出す。
「ピカ☆☆ンチ」はさ~。香取の初めての遠征。東京グローブ座でいっぱいグッズ買った、、、あのめったに入れない地下のフロア。
「サクラ咲ケ」は、みんなでコンサートで踊った、きたえーるのスタンドが思い出される。
「きっと大丈夫」、、、は、マンハッタンの電車の中なのに、気付くと振り付けが。。
「アオゾラペダル」。。。きたえーるの花道の先端で歌う相葉ちゃん。
「ラブソー」を初めて聞いたのは、城ホでの凱旋コンだ。5人がで第1回の花男一緒に見たんだよね?
「Happiness」。。。香取の最後の仕事「6年生を送る会」で、1年生みんなで踊ったんだよ。この振り起こしが忙しいのに超楽しかった。教えるのも超楽しかった。

そして、「step&go」。。香取が日本で最後に買ったCD。
CDピックアップに行く途中、お友達から電話がかかってきて
「初回がどこにもないの~。香取さんが行くお店で聞いて~。」
「よっしゃ~。」
って答えた香取の車、ライフさんの中と街の灯り。

PVを見ながら涙が止まらなかった「ONE LOVE」
遠くに来ちゃったんだ、、、って思い悩んでた。
、、、ここからはアメリカの風景になる。

そしてラスト。

「5×10」
香取に見えたよ。
きっとコンサートのラストに、5人が並んで歌う姿が。
夕闇迫る東京の空の下で
その空に向かって歌う5人の姿が目の前にすっと通り過ぎた。

私、ちょっとおかしいかもしれないけれど
「たぶんこうだろう」って想像することは、きっと確実にそうなんだ。。。と思っていて、
だから、5人がとても真摯な心で
何万人もの競技場にいるファンと
それからその空をじっと見上げている、国立競技場の周りに佇むファンと
そして、本当に遠くから心の瞳だけで、その空を見つめている私達のために
この歌を歌うんだろうな。。。って
そんな風景が見えたんだ。

国立競技場の傍に住むお友達が、
「もうすぐリハーサルも始まる国立競技場です」と
夜の闇の中にその佇まいを見せる、国立の写真を送ってくれた。

どうぞ皆さん。
楽しんでくださいね。
そして、私達もこの10周年コンを
地球の色々な場所で楽しみましょう。

さて、香取はそろそろ背中の羽根を出して(自力で飛んで行くんかい。どこでもドアとちごたんかい?)
油を差して、
久しぶりのコン参加に備えます。
皆さんの背中や肩がふっと重くなったら
あら、香取さんが羽根を休めているのね?って思ってください。
近頃全然ダイエットもしていないので、重いっすよ?

そこは、何よりも大切な場所。

さて、皆さん。
そろそろ振り起こししますか~。

外野のコトバはシカトする!



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/28(Fri) 01:27 |   |  #[ 編集]
上のヒミツの方へ
>ヒミツの方へ↑
なんて素敵なお話。
ヒミツコメントにしてくださらなくてもよかったのに。

慎吾ちゃんのおばあちゃんだって、コンサートにちゃんと来られたんですものね。
大丈夫、相当に胃が痛いのは、そろそろ国立競技場に向かう準備をしているからです。

その「想い」が彼らを守るんだったら、私は地球の果てからも飛んで行きますわ~。
ありがとうございました。
2009/08/28(Fri) 01:59 | URL  | 香取 #-[ 編集]
行って来ましたよ!
国立!!!
せめてグッズだけでも大人買いしてやろうと。。。
3時間半並びました。
足、腰パンパンになりました。
お財布は空っぽになりました。
でも可愛い子達をたくさん連れて帰ってきたので心はシアワセでいっぱいになりました。

私もかなり悪いママで「嵐くん派」
だって今の私の一番の支えになってるから!
子供じゃないんかいッ?って言われるけど
「うん」て言っちゃう。
この想いは誰にも止められないのさ。

さ、いよいよ本番ですね!
この想いが国立にいる嵐くんたちに届きますように。。。
10周年おめでとう!
そしてこれからも私の支えでいて下さい。。。
2009/08/28(Fri) 09:42 | URL  | RR #su7LfdQk[ 編集]
届きますとも
>RRさん
今回はご当地グッズもあるんですよね~。
まりもっこりみたいですね。(意味不明)

私も、国立ご当地グッズをお友達に頼んでしまいました。
日本にいたら、きっと行ってたんだろうな~。
なんだか、ずいぶん遠くから私も嵐君を応援しています。

11年目へ。
その先へ。
まだまだ止まることのない挑戦が続く彼ら。

私、きっともうRRさんにも会っていますよね?
きっと、グッズ買いをのぞき込んだりしていたと想いますよ。
「えらいたくさん買わはるわ~。」とか言いながら。

底に並べることも、きっと幸せ。。。
2009/08/28(Fri) 10:50 | URL  | 香取 #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして。なお と申します。
先ほど興奮して変なところからメールを送ってしまったかもしれません。
アメリカNY州に住んでいます。
同じ異国の地から、嵐を想っている方のブログにたどり着けて、ものすごくうれしいです。
同じように国立に魂を飛ばしたつもりです…
あの3日間は(特に初日)、涙腺がゆるゆるでした。そして、明け方5時ぐらいに目が覚めました。でも、香取さんの想いの強さには尊敬の一言です。
これからも、巻き起こせ嵐、ですよね!
2009/09/01(Tue) 12:06 | URL  | なお #dzhMTd7g[ 編集]
今、返信しましたよ~~!!
>なおさま
星の数ほどあるブログの中から、見つけてくださってありがとうございます。

わかりますよ。
私はあれ以来ぐっすり眠れていない気がします。。。いやいや、国立コンの間は爆睡してた、、、って。

なおさんの、お気持ち。とってもよくわかります。
嵐は、このコンサートの最後に
「本当は言っては駄目なんだけれど、会場の外に居るファンの皆さん、それから、来れないけれど応援してくれているファンの皆さんに、ありがとう。」と言ってくれたそうです。

参加したお友達が、野外でやった意味がわかったって言っていました。
それは、
彼らの思いを空に届ける。
私達が見上げている、その空に届けるっていうことなんだってわかりました。。。ってメールくれました。

5人は、きっと、アメリカの私達のことちゃんと知っているんです。

これからもどうぞよろしくお願いします。
コメントありがとうございます!!
2009/09/01(Tue) 12:18 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック