日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
「風船を 手渡すように 君と僕」
2009年08月20日 (木) | 編集 |
fu-sen.jpg

「あ、、、みかんちゃん、だから言ったのに。」(byきんちゃん)
「せっかくもらった風船。ごめんね。飛ばしてもーたわ。」(byみかん)

誰かに風船を手渡すような気分。
いわゆるファンレターというものを書くとき、私はいつも「まぁそれでもいいかな。」って思います。

ありがとうございます。
「あったかの木」第1号でメールくださった方がいます。
ふらっと立ち寄ってくださった私のブログで、奇跡的な出会いができました。
感謝です。
始動したばかりの「あったかの木」に、もはや勇気を出してメールをくださった方がいて、とっても嬉しいです。

もう私の自己満足企画です。これは!!
だけど、近頃思うのです。
なんだかね。
SMAPが、ずいぶん近くに思えてきたような。

嵐は、とっても大きく成長しました。
私達が望んでいたことで、彼らが心から目指していた場所に向かっている。
なんて素晴らしいこと。
だけど、人間ってわがままなものです。やっぱり寂しい。

こんな想いを、ずっと昔、スマスマが始まった頃感じていました。
当時の私は、ほんとに必死に彼らのテレビを見まくり、雑誌を買いまくっていました。
朝仕事にでかけるときは、ビデオを3倍速で6時間分セッティングしていき、そして、その6時間で捕獲できたコマーシャルやワイドショーを、もう一台のビデオデッキを使ってダビングする。3倍速のビデオをダビングするので、相当画像も落ちてしまうので、ダビング専用ビデオは結構高いものを購入してみたり。。。

アプティバのコマーシャル、いっぱい保存したな。
クノールスープも好きだった。
焼きそばのコマーシャル、NTTのコマーシャル。日本生命さん、トヨタのコマーシャル。
今でも、北海道の香取家に行くと、すっごい古いビデオがいっぱい出てきます。

だけど、いつしか追いつけなくなっていきました。
そして、その頃、嵐君達に心惹かれていきました。

それでもね。
慎吾ちゃんには、よくお手紙を書いていました。
SMAPは嵐とは違って、コンサートでも遠い人達。
呼んでも呼んでも振り向いてくれない。
それは、初めて行った1997年のコンサートの時から感じてた。
その距離感は、彼らのスタンスだったのかもしれない。
だけど、SMAPはそういう人達、、、って私も割り切ってた。
でも、ときどき慎吾ちゃんに、お手紙を書いていました。

スマステが始まるとき、ちょうどアメリカがアフガニスタンに報復しようとしているときでした。当時、アフガニスタン人のお友達もいて、中東から帰国したばかりの私は、本当に止めたかった。
クリントンさんにもお手紙書いたし、署名活動もしていました。
だけど、どうしようもならないって思ったとき、、、報道のお仕事を始める慎吾ちゃんに頼もうと思ったの。
それで、長い長い手紙を(得意だからね)テレビ朝日さんに送りました。

だけど、ずっとそれは、誰かに風船を手渡して、上手に受け取ってもらえなくて空高く舞い上がっていくような。。。
私は、そんな風景を思っていました。
だって、SMAPだもの。。。そんな風に思っていました。

今、あれからずっと時間が経って、慎吾ちゃんがこんなにも小さな劇場でお芝居をしてくれる。
しかも、どうしてか私が住んでいるアメリカで。
慎吾ちゃんが来てくれるなんて思ったことなかったし、だいたいもはやコンサートも毎年やったりやらなかったりのSMAPに会える。。。っていうのは、私にとってはもう現実ではないことでした。

つよぽんのことがあって、彼らが自分たちの言葉を話し出したとき
なんだか、ずっと傍に彼らが帰ってきたような気がしました。
不思議と、
あぁ、こういう日がやっぱり来るんだ。。。と思いました。

だから、「あったかの木」を育てようと思いました。
ほんとはね。
私一人で手紙を書いて、私一人でエールを送って、劇場に届けようと最初は思っていました。
でも、もし、彼が私達ファンの傍に戻ってきてくれているのなら
今度は本当に
確実にその手に
心を届けることができるのかな。。。ってふと思ったら
ばらばらになって、彼の久しぶりのお芝居を応援している
いろんな場所にいるファンの気持ちを手渡したいと、そう思い始めました。

コメントやメールで、「私もお手伝いします」って言ってくださるSMAPファンの方達。
ありがとうございます。
私なんかに、任せることを許してくださってありがとうございます。

ず==っと昔に、早朝にやっていた慎吾ちゃんとつよぽんのラジオ。
なんだか忘れられないふたりの会話。

「つよぽんはさ、どんな車が好きなの?」
「そうだな、、、パトカーとかかっこいいよね。」
「つよぽん。。。その答え、おかしいんじゃないの?普通答えるとしたら、車のブランドとか車種とか言うじゃん。」
「あ。。。そうか。」

慎吾ちゃんが、スマステでつよぽんのことを謝罪したとき、あのときのふたりの会話を思い出しました。
きっと、SMAPも変わってないんだよね。

変わらない心優しい慎吾ちゃんに、「あったかの木」ちゃんと手渡せるといいな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック