日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
婚カツ!
2009年07月16日 (木) | 編集 |
今更?って感じですが。
ただいま第9回を見終わったところです。

もしやして、日本ではもう最終回終わってるとか。。。?わくわく。

中居君の久々の月9。
前の「ブラザーズ」が11年前ということで、ちょうど香取がアラブ中のときで見れていません。あのとき、「あぁ、月9に出るんだ。。。」と思いつつ日本を後にした。

いやいや、中居兄さん。。。てゆうか。
うわ、、、もう、、、中居君、、おじさんやん。
実は初回を見たときに思いました。

中居君。
あのとがった中居君。。。すっごい言い方悪いけれど「むちゃおじさんやん。」と。
なんて言うか。。。Tシャツとかを着るその姿が、、、おじさんやねん。わかりますか?
Tシャツって、意外と着こなすのむずかしいよね。
あれって、若い人(って言うの悲しいけれど)しか似合わない感じする。
むちゃくちゃおじさんがいきなり着ると、めっちゃ浮くような、、、ポロシャツにしといたほうがええで。。。って思うような。
いや、今まで中居君はTシャツが似合ってた。
しかし、このドラマの中ではどうですか?あれ、わざとの着こなしなのかな。
おじさんを強調しているような。

その中居君のこのドラマのファッション、、、見ていると、もうTシャツよりもスーツが似合ってる。
上戸彩ちゃんが、若すぎて、、、このシチュエーションって、中居君何歳の役なんだろうと思ったりする。実際は36歳だよね?はるのちゃんが23歳だから、実年齢で考えると13歳年の差、、、って。ものすごい年の差の幼なじみだったんだね。

中居君。
落ち着いたわ。
そりゃ、世の中SMAPじゃなくて嵐に移行するわ。
てゆうことは、嵐もあと10年したら、世の中はヘイジャンに移行する、、そんな風に時代は巡るんだろうか??とか思って観ています。
ええ、そうじゃないと事務所も困るもの。
今、teenagerのファンを育てないと、これからの事務所の存続だって大変よね。

さて、ドラマは、とても好きです。
ものすごく安心して、ほっとして見ています。
中居君の演技、記憶を辿ると「最後の恋」の中居君が素敵だった。「はずかしいから演技は苦手」っていう中居君の、とってもさわやかな医学生の役。
シナリオは、ビューティフルライフとかロングバケーションの北川悦吏子さんだ!!

最後の最後の、、、最終回に、
中居君と常盤さんがお互いを探しに探して、そして公園で出会って
「なんで居るの。。」って中居君が言う、あのトーンの低いあの声が、すっごく素敵だったんだ。

そして、月9。。。っていうよりもなんだかホームドラマみたいな今回の「婚カツ!」
中居君よりも年上の、小向さんや橋詰さん達ベテラン俳優さんの演技が光るこのドラマ。
嵐君達が出ているドラマなんかとは違って、ほんとに落ち着いた気分で見ることができる。
日本では視聴率が低かったそうですが、いいじゃん。
いいドラマじゃん?まだ最終回まで見てないけれど。

キャッチボールシーンが好きだ。
キャッチボールってよく言うよね?ボールを投げて受け取っているだけじゃなくて、心も相手に向かって投げて、そして相手の心も受け取るんだって。
たとえば、長嶋茂雄さんと息子の長嶋一茂さんがキャッチボールしてる場面なんかみると、とっても感動するし、「黄泉がえり」で東新と今はいない山本君が、東新が消える直前にやるキャッチボールも泣ける。

今回の中居君とりょうさんのキャッチボールシーンも、見てるだけで泣けた。
そういえばね。。。昔こんなコマーシャルあった。たぶん日本○命さんのコマーシャルで、中居君がずっと素振りをしてるコマーシャル。素振りをしたりターンの練習をしたり、、、あれ?ターンだけだったかな。。。リトルリーグの監督バージョンってのもあった。
中居君と言えば野球。

キャッチボールのシーン。
16フィート60インチ。
ずっとこの距離で居よう。
ずっと見ててね。私のこと。。。ってりょうさんが言うのが、ものすごくかっこよかった。

男女の友情。
成り立たないという方も多いですが、私は成り立つと信じている派で、実際にうまく距離を取りながら、遠くで見守りながら生きてる友人が何人かいます。
中居君、そんな役やるようになったんだね。。。って思うと、このシーンは泣けました。

上戸彩ちゃんのシーンも、なぜか泣けるのです。私。
だって、中居君の人を想う表情が、ほんとに、、、中居君らしい。
ふと、中居君って自分の人生をどう想ってるのかな~って想ってみたり。
誰かと一緒に生きようって想わないのかな。。

見逃してならんのは。
上田!
上田は「上田君」じゃなく、香取にはなぜか「上田」。
上田の笑顔ってこんな素敵だったっけ。
あんまりカツンでは笑わないようにしてるよね?てゆうか、カツンって笑顔が売りじゃないものね。
私、上田って結構、骨のある子だと想っています。
いつだったかのコンサートで、彼のソロの時だけ「ペンライトを消してください」っていうスーパーが出た。
そこにギターをもった上田が登場した。
彼のエンターテインメントを見た瞬間でした。
少クラにソロでゲスト出演したときに、上田が選んだ歌が「うたいつづけるとき」。
私がカツンの曲の中でも、一番好きな歌です。
それをひとりで歌い上げる姿を見て、あぁこの子、色々な考えあってこの場所に立ってる子だな。。。って想った。
それから、カツンの何年か前の冠番組。
ゲストの女性にひとりひとりがデートでアピールして、1位を選んでもらうというような。
そのとき、彼はピアノを弾いたんだ。
たしか「エリーゼのために」。ゲストの方たったひとりに聞かせる曲。
そのピアノ弾く手がものすごく震えてた。
人のためにピアノを弾くって、これはほんとにすごいことだと想っています。人に音楽を伝える、、まぁ彼らはそんな仕事をしているんだけれど、でも彼のピアノは、そんなに上手じゃないけれど、ほんとに心こもった演奏だった。

だから、私はカツンコンではゆっちのうちわもってるんだけれど、、上田はちょっと気になる子でもある。
その上田がめっちゃかわいい笑顔で、なんか出演の皆さんにかわいがってもらってるんだろうな~って感じで演技しているのが、めっちゃほほえましいやん。

しかも大先輩の中居君との演技はどうなんだろう。兄弟役。緊張してるんだろうな。。。いや、「おまえ、いい奴だな」ってかわいがってもらっていたりするのかな。

そして、そして忘れてならんもうひとり。
風ポン。
風ポンが出てる~~~!!拾ってもらってる~~~!!
なんだか感激しました。

タレントさんって、みんな「旬」の時期がある。
たとえば、今は嵐かもしれないけれど、嵐だってもがいてた時代が長かった。
斗真だって。
カツンだって、デビューまで悩んだだろうな。もちろん、エイトしかり。
風ポンって言えば思い出す「金八先生」。
彼のシリーズは、私はアラブで見ておりました。例によって例のごとく、それだけを見ているので、、、現実も全て引き込まれていく。
それくらい大きな問題を世の中に提供した役でしたよね。(二ノを蹴落としたんだよね?)

例えば、光るが「ジャニーズを捨てろ」と言われたように、あのシリーズの風ポンは、日本中を敵に回し、、、悪役に徹してたと想う。
「この子、、こわいわ。。。」って想って見ていたもの。
インテリの匂いがするけれど、ひどく人を憎み、そして家庭には深い問題を抱え、最後にはお母さんを刺してしまう。
その風ポンを、金八先生が抱きしめるシーンは、ほんとスマイルくらい眠れなくなった。

その風ぽん。
舞台ではがんばってる。ウエストサイドでは、嵐と共演もしてくれた。
いのししセブンでは忘れられていて、いのししエイト、、、8人目になってたし、そのときの凱旋コンで二ノが
「あいつ、ずっと袴で楽屋にいたよな。歌もダンスもなんもしないで。」
って言っているように、近頃では歌ったりダンスをしたりという姿で登場することがない。

ときどき彼が舞台をやっていることを知ると
「うまくもう一度波をつかめよ。」って想う。

上田や風ポンは、中居君のおかげで出られているのかしら。。。とか、ふと想っちゃいます。そう思うと、やっぱり中居兄さんは頼りになるなと。

さて、中居兄さんの恋はどうなるんだろう。
上戸彩ちゃんみたいな若い女優さん相手に、すっごい照れてる中居君が想像できる。。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/16(Thu) 08:27 |   |  #[ 編集]
ヒミツの方へ
>上の↑ヒミツの方へ
わたくしも、知っておりますわよ~。十代の中居君。
だって、どんだけ生きてると想うんですか?私が。

今日はスマスマを家で見ていて、、、あぁ慎吾ちゃんに会いたいな~って何度も言いました。
ほんとに会えたらすごい。

嵐コンでは、5人ともが色々な場面で、色々なシチュエーションで手を振ってくれたり、こっちを見てくれたりってことあったけれど、SMAPにそれはなかなかないな~。
呼んでも呼んでも振り向かない人、、、SMAPってそんな印象があります。
中居君。。。落ち着かれました。

風ポン。
光のドラッグもすごかったけれど、風ポンはほんとこわかった。
そして、亀ちゃんもまっすーも出ていましたね。たしかあのとき、あ、まっすーは上戸彩ちゃんときか。

風ポンのとき、風ポンがお母さんを刺してしまった後、お母さんが病院のベッドで天井を見つめながらのシーンで、、、
金八先生が教室で詩の朗読をする。
「私を束ねないで」っていう詩でした。
中三の、今はどうかな?光村出版っていうところの教科書の中の詩で、ちょうど家族が持っている教科書だったので、何度も読んだ記憶があります。

どうしても、日本って、そして中学生時代って「ひとつの固まり」みたいに扱われて、もがく、、、そんな時代ですよね。
風ポン、、、がんばってほしいですね。

上田の歌、いいですよ~。
2009/07/16(Thu) 10:20 | URL  | 香取 #-[ 編集]
香取さん!お元気ですか?
久しぶりになってしまいました…。

私も婚カツ見ましたよ~!
日本では視聴率が悪くて、あまり評判が良くないと聞いていましたが
なんかほのぼのしていて、私はすごく好きでした。
ああいう下町っぽい?商店街の雰囲気に憧れます。

私はKAT-TUN関係はあまりチェックしていなく
その中でも上田君は特に薄い印象だったのですが(笑)
婚カツ見てから、一気に上田君が気になり始めました!

嵐事でもお話したい事があるので、またメールしますね。
2009/07/16(Thu) 10:55 | URL  | Mai #FiPkFC0s[ 編集]
上田、いいしょ?
>Maiさん
まぁまぁ、、、お久しぶりです。
ご近所さんなのになかなか会うことないですね。
相変わらず、私はしょっちゅうマンハッタンをウロウロしていますよ。
人並みにまみれているのが好きなので。

でも、相変わらず英語はだめだめで、、、近頃は「どうせ」とか「所詮」とかって気持ちが真っ先にきます。

メール待っていますね~。
上田、、いいっしょ?
彼ね。。。なんか笑顔があんなにかわいいとは知らなかったし、なんだかカットの手元もきれいだし、、、日常では本気でボクシングとかやっている(たぶんプロとか目指しているんじゃないかな)ひとつのことがっつりやる子だよ。
カツンコンでは、仁とふたりでギターもって出てくるところは、なかなかによい、、、
今、自分で気付いたんだけれど、なぜか私はカツンメンを呼ぶとき、呼び捨てだ。。。
じん、こうき、じゅんの、ゆっち、うえだ、亀ちゃん。。。あ、、亀ちゃんだけちゃんつけてる、、、謎。
2009/07/16(Thu) 11:08 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック