日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
「GIFT」~雨のマンハッタン、ときどきミスチル~
2008年12月17日 (水) | 編集 |
misutiru.jpg

「ぎゅ~ぎゅ~~!!」「きゃ~きゃ~!!」「寒い寒い~。」

今日は電車の窓から、マジ降りの雪を見ました。
久しぶりでした。

♪地平線の先に辿り着いても
 新しい地平線が広がるだけ
 もうやめにしようか
 自分の胸に聞くと
 まだ、歩き続けたいと返事が聞こえたよ

Mr.Children。。。そんなにファンじゃない。
だけど、ときどき、、、ほんとにときどきなんだけれど、ものすごい勢いで心をぎゅ~~って掴んでくる歌がある。

「しるし」
FNS歌謡祭だったかしら、、、、この歌を歌う彼らの映像を、嵐より観た年があった。
なんてイントロのアレンジが心にしみるんだろうって思った。

「to U」を「クリスマスの贈り物」で小田さんと松たか子さんが歌ってるの聞いた時は、もうじゃじゃ漏れになってしまった。すぐにCD買いに走ったよ。

「星になれたら」
思い切って遠くに来た今、よく日本を思って空を見る。
この風は日本のみんなのところに繋がっているんだっていつも思う。

そして「旅立ちの詩」。。。
この国に来て、自分がどうしたらいいのか、何がしたいのかわからなくて、迷って、言えなかったけれど帰りたくて、そんな気持ちでマンハッタン行きの電車にひとりで乗っているときiPodから聞こえて来たこの曲に、涙がぽとぽと落ちた。
電車の中だしアメリカだし「やばいよ、やばいよ。。。」って思ったけれど、抱きしめてたバッグの上に涙の雫がいっぱい落ちた。

いつもじゃない。
ときどき、心をぎゅっと抱きしめられる感じ。
思い悩んでいるけれど、なんで悩んでいるのか、自分がどうしたいのかわからないとき、それを言葉にできないときに、それを言葉にしてくれる、そして背中を押してくれる。

去年同僚だった筋金入りミスチルファンのお友達のご好意で、「Supermarket Fantasy」を聞いています。本当は「花の匂い」を聞いてね。。。って言ってもらっているのだけれど、実は「GIFT」が心に沁みちゃったよ。

アメリカ在住の日本人の皆さんはきっと北京オリンピックのテーマとして。何度も何度もこの曲の出だしを聞いてる事でしょう。だけど、フルコーラスを聞くと、、あぁ、こういうことだったんだねって解った。

アメリカに来てからは時間がいっぱいあるから、仕事に追われる事もなく常に自分に向き合っている。4月には真っ白だったスケジュール帳が、近頃は毎日何か予定が書いてあって、「私はここに何をしに来たの?」
そんなことも思わなくなった。
だけど、知ってる。
私、ちっとも本気じゃないでしょう?
まだ全然だよ。
ほんとにやりたいことや、やり遂げたい事はずっとずっと向こうにあるんだ。
そこまであと2年ちょっとでたどり着くには、全然足りないな。
朝、車をガレージから出して夕方戻る。
たぶん、近所の人は「あの日本人は仕事でもしてるのかしら?」って思ってるかも。
いいえ、全然。遊んでいます。
毎日楽しく過ごしながら、こんなことじゃだめだ。。。って思ってる。だけど甘やかしてる。自分の事。そんなことくらい知ってる。

もっと本気になれるでしょう?
もっともっと先に行きたいんじゃないの?かとりん

♪降り注ぐ日差しがあって
 だからこそ
 日陰もあって
 その全てが意味を持って互いを讃えているのなら
 もう、どんな場所にいても
 光を感じれるよ
   (Lyric by KAZUTOSHI SAKURAI)

今日、マンハッタンからの電車の中で「GIFT」を聞いていたら、ずっと先の方に向かって手を引いてもらってる気がした。
そして、桜井さんの言葉が心の中をぎゅ~~~って握りしめた気がした。

筋金入りのミスチルファンの○花ちゃん。
ごめんね。香取がミスチル様の事を記事にするなんて。。
こんな感じでいいかい?
そして、ありがとね~。
コメント
この記事へのコメント
ミスチル
「GIFT」・・・一番きれいな色って何だろう?一番光ってるものってなんだろう?・・・・
「花の匂い」・・届けたい、届けたい 届くはずのない声だとしても・・・
「HANABI」・・・どれくらいの値打ちがあるがあるんだろう?

今年の彼らの音楽はとても心打つものが多かった気がします。
りーどん家はミスチル・・・好きです。
でも、それはおいておいても、いまのりーどんにとって、惹かれる言葉がいっぱいに詰まった歌を歌う彼らの姿を見ることは(画面でしか見られないけど・・・(T_T))励みになりました。
特に「HANABI」はドラマの再放送を偶然見て、何度も何度も見ていくうちにエンディングにこの曲が使われていることがものすごく意味があるような気がしました。

「もう一回・・」

自分に重ねていました。

もうすぐ
「波風立った世界」に戻ることになるけれど、
「臆病風」になんて負けないで、
「もう一回」自分らしくやっていこうと思います。
「未来が呼んでいるから」・・・



少しキザですねぇ~~~~
あ、昨日の夜は「ジャニーズ」面々がTVにたっくさん出てましたよぉ。関ジャニ∞→KAT-TUN→kinki→v6→TOKIO→嵐・・・な感じで、間にはもちろんほかのアーティストもいらっしゃいましたが、札幌から旭川に向かう途中のバスで「ジャニーズ」の皆様のおかげでのおなかいっぱいになりました(笑
2008/12/17(Wed) 15:29 | URL  | rikko9_9 #-[ 編集]
もう一回
>りーどんさん
知ってるよ~。pちゃんの出てた「コードブルー」だよね?だよね?
私も見てたよ。

そうだね。
波立った世界。。。わかるよ。
そうだと思う。
私さ、私も結構さ、百戦錬磨なくせして、時々教室の前で足が止まっちゃう事、廊下の階段が妙に足が重くて登れないときがあったよ。
でも、こうやって遠く離れると、やっぱり戻りたい世界だよ。
香取も、「もう一回、もう一回」

まぁサーファーみたいに上手にその波を乗り越えて、
うっかりボードから落ちちゃったら、
ダイバーになってきれいな海に潜ってみて下さい。
海の中もとってもきれいだから。

りーさんさんが、その未来に向かって歩き始められることを
香取は遠いアメリカから応援してるからね。
背中をそっと
そっと押している気分で。

ジャニーズのその中にNEWSという人々もいたよね?爆!
もしかして、嵐がジャニーズ大オオトリ?(ジャニーズの中で)
ええ~~~!!出世だ。
彼らもものすごい波を超えて、道なき道を歩いてる途中だね。
2008/12/17(Wed) 22:27 | URL  | 香取 #-[ 編集]
電波状況・・
が悪かったので、NEWSは確認できず・・嵐はとりだったと思いますよ。
・・・たぶん。松潤(なれなれしいm(_ _)m)待ちだったようです。会場は大盛り上がりだった様子です。
りーどんはそのあとバスを降りてしまったので、ここまでの報告です(笑

りーどん、「香取しゃん」となまけちゃんたちという海の向こうの応援団を背中にしょって、がんばりまーーーす!!
2008/12/18(Thu) 15:28 | URL  | rikko9_9 #-[ 編集]
重そう
>りーどんさん
それは、ちょっと重たそう。
乗ってないから=。。。押しているだけだから~。
しかも、そっと、そっとよ?

もうすぐクリスマス、、、お誕生日、相葉チャンと一緒?
じゃぁケーキ食べるとき、りーどんさんのお誕生日も祝うよ。

寒いでしょう?
風邪ひかないでね。
Happy Holidays!
2008/12/18(Thu) 21:03 | URL  | 香取 #-[ 編集]
遅くなりまして!
はい!筋金入りのミスチルファン・・・ミスチル狂の桜花です。
香取さん、遠くアメリカの地で「旅立ちの唄」に背中を押されましたか~。
桜井さんの言葉は、ときどきたまらなく「これ、今の私のこと?」ってなくらいに胸に、身体に沁みわたります。
私はいつもいつもミスチルの音楽に、桜井さんの言葉に、背中を押され、手を差し伸べられ、包んでもらい、ときには奮い立たせてもらっています。
今年は紅白に初出場です。
今まで出なかった理由、今年出ることにした理由、いろいろあるみたいですけど、桜井さんが決めたことだからいいんです。ファンとしては桜井さんの決めた道についていくだけなので。
「白か黒で答えろという難題を突きつけられ」の「GIFT」を歌合戦で歌いますよ~。
どうぞ、アメリカでもご覧になってください。
2008/12/20(Sat) 23:03 | URL  | 桜花 #-[ 編集]
おお~~~やっと
>桜花さん
そうそう、このエントリは桜花さんなしには語れないのです。
てゆうか、今回は桜花さんへの感謝の気持ちも込めて書きました。

GIFT、、、ものすごく好きです。
英語で言ったらpretty好きって感じ。。。かなりです。

先日「SONGS」っていう番組でミスチルが特集されているのを、真夜中たまたま観ました。
GIFTと共に、エソラが大好きになりました。

GIFTでは「選ばれる者」でなくても、走って行く、、、って桜井さんは言うけれど、この人、、、神様に選ばれた人だな~ってつくづく思います。

そして、旅立ちの唄は。。。「唄」だったのね。上の記事も直さなきゃ。。。今、iPodのタイトルよく見ました。

そして、エントリには書かなかったけれどmixiで桜花ちゃんが書いていた、お母様の事とsignも超来ました。。。これも号泣したわ。もともとオレンジデイズのときから好きな歌だった歌だったけれど。

それにしても、おそらく私達とは違う「非日常」に近い場所にいる人なのに、超日常に生きる私達と同じ想いを持ち続けるってすごいことですね。もちろんBANK BANDのことも素晴らしい。

そうですかぁ。。。
紅白初出場ですか。。。
私達の間では、そろそろSMAPやTOKIOが卒業し、下から誰が上がってくる?今の勢いなら嵐?なんて噂もありました。まさかキンキやVのお兄さんを抜いて出るなんてあり得ないけれど、でも、もしそうなら2倍楽しめましたね~!

ミスチル、紅白初出場の大晦日。
アメリカで、久しぶりに「紅白見るぞ」と意気込む香取が(いつもはドーム?)います。
桜井さんのGIFTを、しっかりしっかり受け止めさせていただきます。コメントありがとね~。

2008/12/20(Sat) 23:57 | URL  | 香取 #-[ 編集]
sign
signのこと書かれてたので、自分の日記を読みなおしてみました。
そして、いただいたコメントを読み返していたら、涙が出てきました。

香取さん、toUもお好きでしたか。
すごく穏やかな気持ちになる歌です。
「頑張らなくていいよ」
なんて優しい言葉なんだろうと思って、この歌に寄りかかってばかりいた時期がありました。
Salyuの声も大好きです!
「ポケットカスタネット」のハモリはSalyuですよ。
2008/12/21(Sun) 00:46 | URL  | 桜花 #-[ 編集]
to U
>桜花さん
そうそう、to Uはですね。。。
ちょうどクリスマスの頃、何年前かな。
ニュースゼロで不登校とか引きこもりの子供達をを復帰させた京都の小学校の先生?(めっちゃ下品な人であんまり好きじゃない)が、ヨサコイソーランかなんかで、ゼロに出てたのね。
そして、私は見てたんだけれど。
「絶対に感動させる踊りを踊りますよ~。」って言う、その京都の先生に、、、なんとなくすごく嫌な感じがして、、なんていうのか「感動させたる」みたいなのはどうか?子供達の辛かった過去を売りにして。。。。そう想っていて。。。。

たまたま、ふと裏番組を見たら、小田さんと松たか子さんが歌っていました。私、実は昔ね。。。オフコースの追っかけしてて。。。筋金入りの(ここでも使う)小田ファンでもありました。小田さんがまだ30代の頃、おうちに行ったり空港にお迎え行ったりね。。。

そして、真摯な目をして歌う松さんの歌声にも心うたれ、、「感動させたる」って言っていた京都の小学校の先生が、すっごくくだらなく見えたんだ。
人を感動させるって。そういうことじゃないな~って思った。
あの歌詞を見たとき、すごい歌を作るんだね。。。桜井さんってと思いました。

随分前に、その「クリスマスの贈り物」に桜井さんがやっと出たとき(交渉してやっとだったらしい)「どうしてクリスマスにこの曲を?」って俺は聞いたんだ。。。っていう小田さんと共に歌ったのが「タガタメ」でした。当時まだCD化されていなかったよね?
「クリスマスにこういう歌は歌いたくない。」と反対した小田さんに、「この歌じゃないとコンサートに出ません。」とおっしゃった桜井さん。
そのときは、ネットでこの歌の歌詞を調べた覚えがあります。

おそらく、この世の中の苦しむ人達に何かを伝えに来た。。桜井さんも天使のひとりなんでしょうね~。
うわ、、、長いレスでした。
コメント2こもありがとね~。
2008/12/21(Sun) 02:54 | URL  | 香取 #-[ 編集]
タガタメ
小田和正&松たか子のtoU、美しいだろうな~。
今日、映画「K-20」を観にいくのですが、松たか子が明智小五郎の婚約者の令嬢を演じています。
プロデューサーによると、その場にいるだけで気品のあるたたずまい、育ちの良さが分かる女性なんだそうです。
歌も上手ですよね。

「タガタメ」は9・11のテロのことを悼んで桜井さんが作った歌です。リリース予定はなく、ラジオでしか聴けない曲でした。
クリスマスにわざわざっていうの、桜井さんらしいな~と思います。
私たちは幸せなクリスマスを迎えているけれど、そうではない人たちがたくさんいる。自分たちの幸せの中にもその人たちのことを忘れちゃいけない・・・そんな感じなのかなあ。
最近、「軽度発達障害」の方の犯罪が、責任能力の問題も含め話題になることが多く、そういう子どもたちと関わっている私としては、「子供たちを加害者にも被害者にもしたくない」という言葉はとても重いのです。

9・11を歌った歌と言えば「もっと」もそうです。
「タガタメ」ほど激しくはないですが。
「理不尽を笑い飛ばせる強さが欲しい」って歌ってます。
あ、「タガタメ」は「HANABI」のカップリングで「タダダキアッテ」と、かなりコメディーチックな歌に変身してました。

「タガタメ」の出だしは「ディカプリオの出世作なら~」・・・きっと「タイタニック」のことでしょう・・・桜井さんの歌詞には映画が時々出てきます。「one two three」にも「ショーシャンクの空に」が出てくるし。
「HERO」の「誰か一人の命と引き換えに世界が救えるとして」のくだりは、「アルマゲドン」でしたっけ?娘の恋人を置いて、一人で地球を守るために旅立つ父親を演じたブルースウィルス?をイメージさせます。かっこよくて誰もが涙したHEROだったけど、桜井さんは「誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だ」と歌っています。世界を守るのもHEROだけど、身近な大切な人を守るのもHEROだと。
「ひびき」もそんな感じの歌です。「誕生日のクラッカーの音が別の場所でが銃撃の音に聞こえて悲しむ人がいる」という考え方も桜井さんだなあ~と感心しました。
「タガタメ」「もっと」「HERO」「ひびき」は世界の平和、家族の幸せを祈ってクリスマスに聴きたい曲です。

もー、筋金入りなので、熱く長く語らせてもらっちゃいました。

そちらはすごい雪みたいですね。
こちらも今日、明日と荒れるようです。
2008/12/21(Sun) 08:56 | URL  | 桜花 #-[ 編集]
さすが。。。
>桜花さん
さすがです。。。こういうカキコが欲しかった訳です。
ありがとうございます。
タガタメ。。。衝撃的でした。
9,11のことだったのですね。
私はアメリカに住んでいながら、実はあのテロでイスラム教の人達が多くの人を敵に回したのが本当に悲しかったです。しかも、本当に彼らなのかどうか、今だわからないのに。
誰かをスケープゴートにする。そのために「正義」の戦いをする、、、あの頃のアメリカ大嫌い。
そして、先日。。。。WTCの地下鉄の駅を通りました。
そこはもう閉鎖され、地下鉄が通過するだけだったのですが、なんとも言えない暗闇のプラットホームでした。

桜井さんは「しるし」を自転車に乗っているときにメロディを思いついた。。。って言っていましたよね?そういう日常をちゃんと知っている人だから、こっち側の気持ちで詩が書けるのかしら。一市民として。

実は今、エソラが気に入っています。
あの勢いのあるところが、素敵。

クリスマスに歌う。
平和を願って。
この時期、モスリムの人にはEid、ユダヤ教の人にはハヌカ、そして、クリスチャンの人にはクリスマス。私達日本人にはお正月。
みんなが幸せに迎えられる事を、私も世界の果てから祈っております。

雪、すごかったです。
そして、こっちの除雪うまい!
2008/12/21(Sun) 12:36 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック