リアルコンレポ反省会  KAT-TUNコンの巻 
2006年04月30日 (日) | 編集 |
ただいまです。帰って参りました。
デビュー後初のツアー。
Spring tour '06 Live of KAT-TUN "Real Face" 場所は札幌は「真駒内アイスアリーナ」。10年くらい前によくsmapコンで利用していた真駒内オープンスタジアム。
その頃のことを思い出しました。
アリーナの入り口には札幌オリンピック当時の五輪が掲げてあり、由緒正しい場所だと言うことを感じさせられます。
あのね

あのね、あのね。
とっても楽しかったよ~~~~!!
ここから、ネタばれだよ!でも、たろうたちの写真も満載だよ~。


今回の席は、ちょっと中途半端なスタンド席でした。
バックステ側のちょっと手前のスタンド花道前から7列めくらい。
だから、カツン出現では、目の前に聖くんが飛び出した。
でも、会場が狭くって、メインステに立とうと、ジャニーズムービングステージが動こうが、スタンド花道にメンバーが来ようが、すぐ後ろをトロッコが通っても。。。とにかく近かったです。
サイン色紙やボールもびゅんびゅん飛んできて、私の友人はさすがもとスピードスケート選手。。。色紙に向かって飛びかかりました。。。。

ジャ○ーズのコンっていつも思うけれど、席の担当ってあるのかな?
今回、香取の席はつねに「聖」。
悪いけれど、何度も「え~~~!!また、こうき?」って言っちゃった。
もちろん、みんな来てくれるよ。亀ちゃんだって仁君だってね。
でも、ONE ON ONEで、私の真後ろのトロッコに聖で、逆サイドのトロッコが、ゆっちだなんて。この歌がすごく聞きたかったのに。。。
よくジャ○コンでありがちですが、香取の1メートルくらい後ろで聖が歌ってるのに、香取は背を向けて双眼鏡で逆サイドのゆっちを見ている。。。こういう絵柄ってよくあるよね。

6人のダンス。
これはね。潤君の言うのがわかる。本人たちもよく言うけれど個性的だ。
やっぱり表現力で言うと、ゆっちのダンスの上半身のぶれないのが香取はすばらしいと思う。もちろんビートボックスも圧巻でした。
もうひとり、ジュンノのダンスはミュージカル的な表現力があっていい。かっこつけるとか言うよりもものすごく気持ちの伝わるダンス。彼は今後舞台とかに行ってもいいんじゃないかと思った。

6人の歌。
歌うまいな~~。カツンは。。。
楽しみにしてた「I like it」。
この歌は、本当に心に届いたよ。バラードをきれいに歌える。。。ってなかなかジャニーズのユニットにはいない。
たとえば、smapクラスになったら、少々下手でも大人の気持ちが伝わってくるけれど、やっと20歳になったばかりの彼等のバラード。
それでも、気持ちの伝わる歌だった。
アリーナの中央の花道で歌う「I like it」のハーモニー、ほんとにきれいだった。
この歌が聴けただけでもう、本当に満足。

だめなの

どうして、これがだめなの?

なんでもウチワの大きさが規定外だったらだめなんだって。
このウチワのどこがだめかというと、キラキラ部分がはみ出てるからだって。
香取辺りは、鞄の中を見せてと言われたらショッピングバッグは見せない。だって、はさみとか両面テープとか色々入っててやばいでしょう?ペットボトルとかさ。(ドームはだめなんだよね?)
ところが、初ジャニコンのお友達は「生まれたての子鹿」のように見せてしまい、、、連行されて行った。爆!
で、「預かります。」とか言われたので、香取が「じゃぁ、今取ればいいんですか?」とか言って、友達の仁君ウチワからばりばりとキラキラを取った。友達もやけだ。
「キラキラ」も没収しようとしたので、「これは返してください。取ったんだからもういいでしょう?」とか喧嘩腰になり。。。取り返しました。段ボールにはたくさんの没収されたウチワがありました。
一体誰がどんなことをやらかしたのか。
誰かがやらかすと、、、どんどんと枠が狭められる。
そういえば、かわいい女の子が「マナーの見直し」っていうプリントを配ってた。
自主的な活動なんだと思う。手書きのプリントだった。
10年前、smapのときもそういう自主的な活動してた子がいたな~って思い出した。自分達の世界、自分達で守らないとね。
まぁ、そうは言っても客席でキラキラをつけ直した私たち。守ってへんやんけ。

今回のコンで思ったこと。
KAT-TUNは、今回のデビューを本当に喜んでいるんだ。。。と。
多くのジュニアたちがきっとデビューを夢見てこの世界にいて、先輩の後ろで踊る。彼等もずっとそうだった。
香取は、彼等のデビューは全員が成人してから。。。という事務所の考えがあったんだろうと思っているが、パンフにもそして、MCでも彼等は何度も言った。
「今まで応援してくれた皆さんに感謝します。」と。
見た目、、、ちょっと悪そうな6人の少年たちは、本当に自分達の立場を理解し受け入れ、そして感謝の想いをこのツアーに込めているんだと思った。
最後のひとりひとりの言葉を聞いた時、「この子らは、ええ子や。」って香取は思った。
とても丁寧な言葉で、コンのあとなのにとても落ち着いた語り口で、北海道に来れたこと、デビューできたこと、コンサートが楽しかったということを6人は私たちに伝えた。

あらゆる場面で6人を引っ張る最年少の亀ちゃん。
帝劇で彼のフライングを見た時に、この子はただものじゃないと思った。
とても賢い子なのだろうと思った。賢く気持ちの強い子。
コンの中でははしゃぐこともなく、終始落ち着いて、それでいてちゃんとファンのみんなに手も振ってアピールしてくれる。
一番目立ってる存在だけれど、ちゃんとKAT-TUNの中では自分の立場と言うのを全うしてる。冷静にみてる。かっこいいと思った。
上田くんは相変わらず謎だ。全然喋らないとっても静かな子だった。
仁くん。素通りしすぎ。もっとファンにアピってよって担じゃない香取でさえ思った。それが彼のスタンスなのか、ダンスもぬけぬけなんだけど。。。。彼のスタンスなのかな~。

それから、ジュニア。
今回着いてきたのは、ABC、キスマイ、それからFIVE。
いつも思うけれど、ジュニアはえらいな。どんなに見てもらっていなくてもいつも笑顔、全開のダンス。何度も私のブロック前で盛り上げてくれた。
彼等はプレゾンやショック。ミュージカルには必ず先輩のサポートに登場する。
MAあたりも、彼等のダンスの習得力はすごいと言ってる。
これからどんな風に進んで行くんだろう。おつかれさま。ジュニアのみんな。

さてさて、まだまだいろんな想いがあるけれど、awayのカツンコン。
生カツンは二度目だけど、2時間半以上の彼等のコンは充実した内容だった。
ひとりひとりができることが多いユニットだと思った。
そしてまた思う。
嵐、がんばれ。。。。と。

家に帰るとナマケちゃんたちが。。。
ただいま

まだまだナマケて寝ていました。
もう午後だよ~。
起きたら?
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様~
香取さんお疲れサマーv-364大好きな曲も聴けて、生ゆっちにも会えてよかったねv-364
うちわの件は、去年のVコンあたりから結構厳しい・・・かな~。友達もやばかったみたいよ。それまでは大丈夫だったのにね。やっぱり「限度額超えちゃう~」みたいな人もいるからな~。気持ちはメッチャ分かるんだ。だって、特に担当さんには、こっち見て欲しいもの。そっか~。そうだよね~。自主的にがんばってる人もいるんだね。なんか嬉しいね。「自分たちのことは自分達で。」なんだね。
香取さんのレポはおもしろい。見る観点がおもしろい。だから、行ってない私も、KAT-TUNが気になるんだな(笑)
実は、under嵐は、ちょっと・・・だったんだけど、最近目にすることが多くて周りの影響もあり、あんまり好きじゃなかった聖くんも、かわいいじゃんって見れるようになった(笑)
そっか、仁くんは、つれないのか~(笑)さみしいのぉ~(笑)
とりあえず、お疲れ様。今日は、自分のふとんでゆっくり寝てね!
2006/04/30(Sun) 23:17 | URL  | ミーハーママ #-[ 編集]
数百人の前での記者会見
>ミーハーママさん
コメントを何度も下さってありがとう。
はっきり言って、香取の「追っかけ」だったしょ?この二日間。
ありがとうございます。ひとりで、たろうたちを写しつつのコンレポは、とても寂しいので嬉しかったです。

さて、楽しく読んでいただけて嬉しいです。
パンフを買いました。結構高価だからいつも迷うんだけれど、彼等のファミクラもできて、もうチケットもとれないだろうしコンにくることもないかな?と。
デビュー会見の模様が書かれていました。
数百人の招待客の前でそして、報道陣の前に彼等はたち、ひとりひとりの豊富や未来を語ったそうです。おえらいさんもいっぱいだったはずです。
そして、その後、二人ペアになって会場に来られているお客さんひとりひとりに名刺を渡しながら挨拶に回ったそうです。
ドリボ千秋楽の夜のことですって。
ドリボ中に歌とダンスのお稽古をして、そして会見に望んだんだね。
そういう大人の中で、大人の世界を知った彼等。
どれだけ多くの人のお世話になって自分達のデビューがあるかがわかったって書いてありました。

そして、5年も待たせたファンに何度もお礼を言う彼等。
絶対にデビューをしたかったはずでしょう?ジャ○の子なら。
だけど、途中に「デビューできなくても」と状況を受け入れる彼等もいる。その気持ちもすごく辛かったんだろうと思います。
そして、5年めにしてやっと掴んだデビューは、ささえてくれたファンの力以外何もない。。。そんな風に彼等はちゃんととらえている。
私は、カツンファンでもないけれど、「少年たち」の傍にいるという仕事をしているひとりとして、彼等の素直と想いが痛いくらい伝わってくるわけです。
たぶんアリーナのはしっこにいてもね。

そんなことを感じたカツンコンでした。
あ。。。自分の想いばっかり書いてごめんなさい。
そんな彼等の後ろ姿をじっと見ている北山君や藤ケ谷くんたちも、(昔は嵐のバックだったよね。)未来を思い描いているんだな。。。と。
そういうのがとっても香取は好きなんだ。
そういうパワーが、あきらめないパワーが好きだ。
こんな世の中だよね。
希望だよね。。。

とにかくコンの最後に、全員横並びにきちんと並んで、お客さんに最敬礼をしてお礼を述べる6人に香取は感動しました。
嵐の「あなたたちは、ちゃんと楽しむ気があるんですか?」みたいな潤君の語り(爆!)とはまた違う。。。謙虚さがあったのよ~。
2006/05/01(Mon) 18:49 | URL  | 香取 #-[ 編集]
カツンコン
L・O・V・E!I Love ○○!
なんてことは言わないんだろうな、ジャ○コンは。
いいなぁ。興奮が伝わってくるよ~。
今さらデビューしたなんて知らなかった。もう何年も前、有楽町の国際フォーラムの周りに、いかにもジャ○系の女の子がいっぱいいて、生写真の販売とかダフ屋とかいて、友達と「誰だろう」って覗き込んで「カットゥン?」「カッタン?」「ふ~ん」と通り過ぎたことがある。とっくにデビューしてると思ってた。

歌が上手いって、ジャ○では貴重なのかな(笑)。たのきん、しぶがきと続いて、ホントにオモチャみたいな存在としてしか見ていなかった私は、アメリカ人のダンサーがベタ誉めするグループがいて、少年隊を初めて見たとき「ほぉ~」と思ったよ。

しかし、まだ嵐とNewsの区別もつかない私は、勉強が足りないのでカツンの入るキャパがありません(爆)。
2006/05/01(Mon) 19:59 | URL  | ひろみ #IbEf6Jbs[ 編集]
ほぉ~~~~
少年隊は、かっこええで~~~!ひろみお姉ちゃん・・・なぁ、かとりん・・・・
じゃなくて。。。
L・O・V・E  I love ○○  
レッツゴーレッツゴーレッツゴー○○!
とか、言わないんだろうな。。。ジャ○コンは・・・
じゃなくて・・・
かとりん、おかえり~~(^o^)
感動したんだね~~!!
そんで、私ももうすぐ。。晃に会える・・・・(*‘_‘*)うふっ!

なまけちゃん達、さびしかったんじゃない?
ふてねしてるのよ。きっと・・・
2006/05/01(Mon) 20:12 | URL  | Rei(レイ) #-[ 編集]
KAT-TUNコンの興奮が伝わってきそうですよ。
札幌の旅は、たろうたちも大活躍でしたね。
コメントいただいたのですが、また化けちゃいました。
すぐ消しときましたが、また遊びにきてくださいね。

2006/05/01(Mon) 20:42 | URL  | 笑ちゃん #OZT4QC2c[ 編集]
香取さんお疲れ様でした!
さすがKAT-TUN、大盛り上がりだったのでしょうね!
私も、生淳がみたいです~

NEWSの仙台オーラスも、すっごく盛り上がりました!!
これで年内グループ活動休止という事で、メンバーがこのコンサートを思いっきり楽しもう、そして楽しんでもらおうという謙虚で一生懸命な気持ちがバシバシ感じられました!
所々にちりばめられた、替え歌での「待っていてね」の気持ち。
(なんか、「帰ってくるよ」とか思い出してしまうんですけど…)
あきらめられないファンに応えて何度もアンコールに出てきてくれて
メンバーと会場が一体になることができたと思います。
やっぱり、NEWSは誰が好きって聞かれてもみんながいいな~と思いました。
歌も上手かったし、サービスも最高に良かった!
やっぱり、ジャニーズはいい!3人分の新幹線代は高かったけど、
子供席もすっごくいい席用意してくれてるし、入場もそう並ばないで済むようにしてくれているし、子連れにも優しい!!
子供たちは初コンだったのですが、すっごく喜んでいました。

嵐のファンはよい子が多いって聞いたけど、NEWSのファンの子も電車で席を譲ってくれたり、トイレの順番譲ってくれたり…素朴なかんじのいい子が多かったです。
あ~楽しかった!です。

香取さんも好きな、山Pの「抱いてセニョリータ」も良かったですよ~
早速、初回限定DVD付を予約したいと思います!
では、では。

2006/05/02(Tue) 00:53 | URL  | さち #-[ 編集]
デビュー前
>ひろみお姉ちゃん~
下積みの多い子たちなんですよ。
どんどん先輩のデビューを見送って、そしてデビュー前にdvdを出したり、それがものすごく売れたり、だから「俺ら、これでいいんだ。」って言ってた子たちです。
応援してこられたファンの皆さんは、本当に感激でしょう。
ジャ○ーズの場合、CDデビューしなければ「ジュニア」という枠でくくられるので、ものすごく活躍しているMA(ミュージカルアカデミー)あたり、もう円熟してる大人なのにジュニアなわけです。ユニット組んでる子たちはいっぱいいるけれど、ジャニーズではオリジナル曲を持っていてもジュニアなのよ。
「そこの、ジュニア!」って呼ばれてしまう集団です。
だから、デビューって大きいんだろうな。。。と今回、本当に感じたよ。
まぁそんなジャ○の話もつまんないでしょうがね。爆!
2006/05/02(Tue) 18:06 | URL  | 香取 #-[ 編集]
ゆうかいな。。。
>れいやん
でも、言いたいわ。I LOVE。。。って。
あぁでも、嵐あたりはコール&レスポンスが要求されるときがあって、結構車の中とかで練習して行くわ。英語のラップを。。。爆!
少年隊のプレゾン見てみたいわ。
でも、錦○くんさ。。。渡る世間の役はまってるやん。そして、かっちゃんの酔っぱらう役どころ、めちゃうまい。
2006/05/02(Tue) 18:09 | URL  | 香取 #-[ 編集]
いつもごめんなさい。
>笑ちゃん(で、いいでしょうか?)
2台あるパソコンの、片方はメールチェックとアメーバさんちのカキコに使っていて、もう一台をブログ更新専用に使っていて、いつもふっと気付くと、こっちでコメント入れに行ってしまうのですよ。
写真見たら、あまりにもかわいくて、思わずコメントしてしまう。。。ごめんなさい。お手数をおかけします。
ゴールデンウィークは大きいたろうたちも連れて出ようかな?と思っています。できるかな。。。?
2006/05/02(Tue) 18:12 | URL  | 香取 #-[ 編集]
親子席
>さちさん
遠方までお子さま連れのNEWSコン。おつかれさま~~!!
楽しんでこられてよかったです。
今回は「活動停止」ってネットでも告知されて、なんだか寂しいツアーになるのかな~と香取は心配していました。
ちょっとは、やじ馬根性があって札幌コンも行くかどうか迷っていたけれど、さちさんのように純粋にNEWSを応援しようという気持ちの方にやっぱり申し訳ないな~と、いつか山p見てみたい~という気持ちを抑え、、、お金もないし。。。。

でも、「解散なんてねーからな!」とpちゃんも言ってくれたみたいで、みんなで待っている楽しみもできましたね。
カツンコンに行きつつも、ちょっとさちさんたちのコンも気にしておりました。
それにしてもジャ○コンは、楽しいよね。
はしゃげるよね~。
きっとカウントダウンには戻ってくるんだね。
いつか一緒にはしゃごうね!

そして、「抱いてセニョリータ」ってまた、昭和歌謡ぽいね。
でも、黒髪のpちゃんもかっこいい。
とりあえず、悲しいコンじゃなくて、未来のあるコンでよかった。
おつかれさま~!
2006/05/02(Tue) 18:17 | URL  | 香取 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
札幌オリンピック札幌オリンピック(さっぽろ―、第11回冬季オリンピック大会)は、日本の北海道札幌市で1972年2月3日から2月13日まで行われた。冬季オリンピックとしては、日本およびアジアで初めて行われた大会である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quo
2007/10/07(Sun) 09:10:21 |  なまら倶楽部