日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
相対的浮世絵
2019年10月27日 (日) | 編集 |
ああ、土田英生さんのシナリオだなーと思いました。

何年前かしら、東京グローブ座で、「燕のある駅」という相葉ちゃんの舞台を見ました。

ものすごくよくできたお芝居と強いメッセージ性にすっかり虜になりました。元々の劇団MONOさんの映像や土田さんの著書、シナリオも買い、いつまでもこの演目に浸っていました。

嗚咽がもれてしまうような衝撃的なラストシーン、また、異文化の街新大久保で上演されていることが、より一層、劇場を出てもその内容を引きずる感じがしました。

第三次世界大戦後の日本、空気が汚染され防護服を着なければ歩けない街、国は民族浄化のため外国人を、そして反政府の感情を持つ人を次々に収容所に入れていく。
ラストシーンは、そんな2085年の日本に、原子爆弾が落とされるという凄まじい状況で終わっていくのです。

初座長の相葉ちゃんは、この残酷な日本の中で、友達を大好きな人を、そして駅に巣を作ったツバメの雛を失い、のたうちり回る・・・そんな演技を見せてくれました。

さて、

相対的浮世絵


[続きを読む...]
嵐の20年、新しいAll or Nothing
2019年10月22日 (火) | 編集 |
嵐からのプレゼント、この20年のMVを見ながら、いろいろなことを思っている毎日です。
でも、その毎日のほとんどは、仕事に追われているんですけどね。

実は、天皇陛下のイベントで歌うの今日だと思っていたし。。。爆!
危うくエントリーして飛行機乗って行っちゃうところだったわ。

そして、
何を歌うのかな〜ハピネスとかいいんじゃないかな。。。なんて呑気に考えていたんだけど、ちゃんとした新曲をいただけるのですね。
そして、きっと素敵なお衣装も作っていただいて、その日を迎えることでしょう。
[続きを読む...]