日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ミュージカル「アルジャーノンに花束を」一人反省会
2017年03月05日 (日) | 編集 |
金曜日から東京に行っていました。
金曜日は、屋良ちゃんに会いに「Endless Shock」でした。
これはもう毎年の恒例になっていて、いつからずっと見ているんだろう。斗真がライバル役のあたりから。

でも、本当はこの時期に飛行機やホテルを取っていたのは
「アルジャーノンに花束を」
を観に行くためでした。

大好きな大好きな本です。
何度も何度も読み返しているお話です。
もちろん元々はドラマだったりします。
だけど、一等好きなのはダニエルキースさんの原作本です。そして、日本語訳の小尾芙佐さんの文章が本当に美しいです。こんなにも美しい文章なら原書も読んでみたいと本棚に並んでいます。原書のアルジャーノンも。

だから、かつてこのお話がミュージカルになっていたことを知り、その時見ることのできなかった自分を悔しいと思っていました。そんな時に上演が決まった矢田悠祐さんの「アルジャーノンに花束を」。

本当に美しく素晴らしい舞台でした。
矢田さんへ、屋良ちゃんから花束が届いていました。
「THE CIRCUS」で共演してくださっていたのですね。私はそんな情報も何も持たずに、銀河劇場へ向かいました。
(サーカス見てるのに。。。。)
そんな素晴らしい「つながり」にも感謝です。
銀河劇場のエントランスで、屋良朝幸の文字を見ることができたことにも感謝。

そして何よりも、この舞台を見ることができたことに感謝です。
この美しいお話に真摯に向き合われた俳優さんたちに、今もスタンディングで拍手を送っている気持ちでいっぱいです。
東京に住んでいたら、もう何度か拝見したいけれど、私は北海道民の遠征組なので、心の中に仄かな灯をともすように、この作品のことを想っていますね。

矢田悠祐さん。
すばらしい、誠実なお芝居をされる俳優さん。
私の中に住んでいるチャーリーゴードンそのものでした。
[続きを読む...]