日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大ちゃん お誕生日おめでとう!「自由」万歳!
2016年11月27日 (日) | 編集 |
大ちゃん!おめでとう!
36歳、幸せな36歳になりますように。
遅くなってごめんなさい。

遠い北の国から、大ちゃんに心を込めて誕生日のメッセージを。

嵐がみんな三十路になるなんて!うふふ。
そんなことを思っていました。
大好きになった頃、潤くんがニノに「最後の二十歳」って歌ってもらっていたよね。
[続きを読む...]
スポンサーサイト
幸せの国・札幌ドーム3daysひとり反省会
2016年11月14日 (月) | 編集 |
今、お仕事から戻ってきました。

今朝、札幌駅の前を歩いている時、涙がこぼれそうだった。
泣くもんか。
そう思いながら、私は現実の世界に歩いて行った。

私はずっとここ数年思っていることがあるんだ。
私たちは、きっと
今から100年前、いえ千年前くらい昔、
この地球のどこかの小さな国に住んでいた。
そこは、それはそれは幸せな国で、争いもなくみんなが笑顔で、優しく助け合って生きていた。
だけど、ある日どこかから、その幸せの国を奪おうとする者が現れた。
私たち国民は広場に集められた。

5人の王子が言う。
「みんな、ごめんなさい。これ以上みんなを幸せにできなくなった。
 だけど、いつかきっと、君たちを必ず見つけるから。
 もう一度幸せにするから。
 だから、それまで逃げて。
 生き延びて。
 また会おう。さあ、急いで!」

私たちは、そばにいた国民たち同士ハグして、ハグして、手を握って泣いて、
王子たちが戦う姿に背を向けて逃げたんだ。
王子たちに守られながら、どこまでも
どこまでも逃げたんだ。

だけど、その幸せの国のことを忘れないように、
絶対に5人のことを忘れないように、ずっと子孫に言い伝え、
自分の遺伝子には、その幸せだった時の想いや心震えたことを記憶させて
生き延びた。

それから何十年も
何百年も経った。
私たちは、一人ずつ嵐に見つけてもらった。
一人ずつ。

だから、私たちは5人を見てると
懐かしくて優しくて、切なく
時空を超えて遺伝子の記憶が蘇る。
あの時の、心が震えたことや
あの時の、柔らかさやみんなで笑ったことを思い出すんだ。

3日間の札幌は、まさにそんな3日間でした。
[続きを読む...]
三日目のいちばん
2016年11月13日 (日) | 編集 |
三日目
初めから涙ポロポロでした。

だって
今日でお別れだから。
寂しかったー。

楽しかったー。

潤くんが蜷川さんと勘三郎さんのお写真に向かって歌う姿。

相葉ちゃんの前でちょっとさびしそうなニノ。

ご機嫌な楽しくて楽しくての翔ちゃんの笑い声

おおちゃんの壁を越えるソロ

それから
とびっきり楽しそうなのに、大きなものを抱えてる相葉ちゃんの健気さ。

大好きな復活Loveの美しさ

ジュニアちゃんのこと、大切にしてくれる優しさ

楽しかった。
楽しかった。
ハッピーだった。
ありがとう。
ありがとう。
嵐が好き。
iPhoneから送信
二日目のいちばん
2016年11月13日 (日) | 編集 |
相葉ちゃんの決心

不安

だけど、後悔しないためにまた、たゆまぬ努力をしてゆくんだろう。

小さな努力を積み重ねたら、知らないうちにその場所に到着してるんだ。

見守るよ。
応援するよ。
祈るよ。

君だけを見てるよ。
おめでとう。

今日のいちばん
相葉ちゃんの決心

iPhoneから送信
1日目のいちばん
2016年11月12日 (土) | 編集 |
今日のいちばん。

潤くんと蜷川さんの写真
潤くんと勘三郎さんの写真
七之助くんと
旬くんと
勘九郎くんのこどもっちたちと

潤くんの大好きな人を
私たちにおしえてくれて
ありがとね。

それから

miles awayの相葉ちゃんの横顔
塔のてっぺんの相葉ちゃんは
そのまんまふわっと
空を舞いそうな佇まい

ひとりぼっちの相葉ちゃんの横顔
きれいな横顔

今日のいちばん

iPhoneから送信
ユーミンさんとSMAP
2016年11月03日 (木) | 編集 |
10月31日のスマスマの、ユーミンさんとのコラボは何度見ても涙が止まりません。
この時に、「守ってあげたい」という名曲を選んだのが、ユーミンさんなのかSMAPなのか、スタッフさんなのか。

前回のイエモンさんに続き、今、多くのアーティストさんたちが5人に、強く深いエールを送ってくださっているのだと思うと涙がポロポロ止まらなくなります。

彼らはみんな、私たちにはわからない「理不尽さ」を噛み締めて何年も何十年も「芸能界」というところでトップを生きてきた人たちです。
私たちには、もう真実が何かはちゃんと伝わってこないから、目を凝らし耳を澄まし、5人の目と5人を見守るアーティストさんたちの目からでしか真実を導き出すことしができなくなりました。
[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。