日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
i love"SONG WRITERS"!! ひとり反省会
2013年10月19日 (土) | 編集 |
私がニューヨークで大好きだったコンビ。
作曲家のレナードバースタイン。。。レニーと、振り付け師のジェローム、ロビンス。。ジュリー。
レニーとジュリーは親友で、ふたりで新しいミュージカルを生み出したいと、毎夜毎夜語り合って渾身の思いで世の中に送り出したのがWEST SIDE STORY。
いえいえ、きっと渾身の。。。っていうよりも、ふたりは口笛を吹きながら8AVEをUPPER WESTSIDEに上がりながら、地下鉄の中で、アパートできっと夢を語り合ったに違いない。

ふたりの亡き今、WEST SIDE STORYのロケ地となった場所は、大開発を遂げリンカーンセンターになり、レニーがコンダクターだったニューヨークフィルのホールとジュリーがマスターだったシティバレエのホールが、向かい合って建てられた。

私は、そこに行くたびに聞こえたんだよ。
「やぁ、レニー。調子はどうだい?新曲は進んでるかい?」
「ジュリー、それはそうとあのダンスは最高だね。」
ふたりが、まだ夢を語っているような、そんな声が。

さぁ。
屋良ちゃん主演。
森雪之丞さんのシナリオ、
岸谷五朗さんの演出。

日本発のNEW MUSICAL!
そこは、まるでブロードウェイでした。
ニューヨークの町並みが私の目の前に広がって、まるで親しい友人のような彼らが歌い踊る姿が、今も心の中にあって、いくつものナンバーが身体の中から溢れそうになっています。

そして、私の大好きなレニーとジュリーのように、
屋良ちゃん演じるエディ。そして、中川晃教さん演じるピーターが、今もニューヨークのどこかの地下鉄の駅で、楽しそうに音楽を語り合っていそうな気がします。

ほんとうに、
ほんとうに、
素晴らしいミュージカルでした。ブラボー!!!

音楽は風、
言葉は翼

(あ、、、この下、大いにネタバレします。)
[続きを読む...]