Endless Shockひとり反省会、、、、その前に
2013年03月11日 (月) | 編集 |
moblog_88d679fc.jpg

「ぼくら、ずっとずっと応援してるからね。」(byなまけ一同)

東日本大震災から2年。
今でも、あの日の朝5時に起きた私は、リビングに降りてつけたテレビの映像に愕然とした瞬間を覚えています。
春間近のアメリカでの朝のことでした。

どんなに日本が大変なことになっていても、私達にはとても伝わりにくい現実でした。だからこそ、苦しみもしました。一歩外へ出ると、そこはにぎやかなアメリカでしたから。
私達と日本をつなぐテレビの映像を食い入るように見て、家から一歩も外に出たくなかった。
それでも、私達にもアメリカでの生活という現実が目の前にありました。

私は、10日後に帰国することになっていて、もう荷物も全て日本へ向けて送ったばかりでした。

日通さんに何度も何度も「いつ着くかわかりません。」と言われた、その荷物の中には「じろうさん率いるなまけちゃんチーム」もいました。

日本へ帰る私達を心配して止めてくれたアメリカの人達。
私が日本人だとわかると、何度もハグしてくれたアメリカの皆さん。
東日本大震災のことを思い出すと、私にはそんな風景が浮かんできます。なんだかとっても吞気なように思われることでしょう。
それでも、
それでも、傷ついた日本へ戻るのがこわくてたまらなかった。
だけど、だから帰るんだとも思いました。

アメリカには私達のように駐在で住んでいた日本人もいれば、永住を決めていらっしゃる日本人もいらっしゃいます。
永住組のお友達には
「今、帰国できる香取さんが羨ましい。こんなとき帰らないでどうするの。」
そう背中を押されての帰国でもありました。

あれから2年。
被災地の方達のために私ができたことは、ほとんどなく。
それでも去年は何度もMarching Jの箱にお金をいれたけれど、恥ずかしいことに、本当になんにもできていません。

少し前から、右側のプラグインのところに「NEXT」というバナーを貼っています。私の若い若い頃大好きだったオフコースの鈴木さんがプロデュースしていた「あんべ光俊」さんという岩手出身のアーティストさんがいました。よくコンサートにも行っていました。そんな記憶を辿っていたら、こちらに辿り着きました。
「支援方法」のひとつに、Amazonのウィッシュリストから、直接被災地の皆さんに必要なものを送ることができるようになっています。

ここをリンクさせてもらってから少したつのですが、今朝、やっとお米を10キロ、岩手県に送らせていただきました。

今日は、津波の到達時間、授業中だったので黙祷も出来ませんでした。
震災の直後、被災された嵐ファンの方が
「どうぞ、皆さん。心配しすぎてお身体をこわされませんように。皆さんが身体をこわしたら、助けて欲しいときに助けていただけなくなりますから。」
そんなことをおっしゃっていました。

自分の今の人生を、一生懸命生きる。
そして、忘れないことと、続けること。
そんな小さな力ですけれど、これからも応援させてください。

随分遅くなってしまいましたが。
黙祷。




ってことで、元気に遠征生活続けている香取の「Endless shock ひとり反省会」いってみよう!!
[続きを読む...]