日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その君の眼
2011年11月21日 (月) | 編集 |
moblog_2d819b31.jpg

「僕な。たぶんここに来るの3年半ぶりやで。アマツカゼ以来や。」(byポ筋ちゃん)

「あゝ、荒野」を観ました。

昔ながらの嵐友ちゃんが、誘ってくださいました。奇跡です。感謝です。
想えば、初めて会ったのは、「白夜の女騎士」の会場でした。
たまたま同じ日に観劇することになり、お互いに遠征組なのでシアターコクーンのロビーで待ち合わせをして、お芝居の始まるまでの時間、立ち話をしました。

それからもう随分時間が流れましたが、このお付き合いは翔ちゃん札幌ソロコン中止の時に、同じくうちひしがれていた、、、彼女のブログを私が見つけたときからでした。

何本ものお芝居をずっと観てこられて、嵐のことはもうジュニア時代から応援をし続けている方。
「ときには強い目線で彼らのことを見つめていく」というファンとしての姿勢も、私は彼女から学びました。

もう数年来のお付き合いなのに、ご一緒させてもらうのは初めてでとっても不思議な感じ。
だけど、とっても安心な空間でした。

以下ネタバレもあるかも。
いや、、、、ネタバレするほどちゃんと理解はしていない。だって、寺山修司だもの。
[続きを読む...]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。