日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
ニューヨークシティバレエ
2008年12月13日 (土) | 編集 |
nutcracker1.jpg
(David H.Koch Theaterにかけられている大きなポスター。1トンのクリスマスツリーの写真です。)


マンハッタンは香取にとって超エキサイテッド超!というような街。

とうとう、リンカーンセンターのふたつめの扉を開ける。
ニューヨークシティバレエです。

ジェロームロビンスがマスターとして生きた場所。
彼のホームです。
レナードバーンスタインのニューヨークフィルのホールと向かい合わせに立つNYCBのこのホール。

かつて、親友としてマンハッタンで生きたふたり。
Jewishとして、そしてアメリカの音楽界を、バレエ界を一流へと導いたふたりのホームが、ここマンハッタンで向かい合って建っているのです。
[続きを読む...]