日本に戻ってきた香取とたろうが嵐を想い綴る「なまけ日記」
「この道を」〜小田和正 ENCORE!!ひとり反省会〜
2018年10月14日 (日) | 編集 |
小田和正さんのコンサートに行った。

私はずっとずっと昔、オフコースの追っかけだった。
今でこそ追っかけでオタなんだけど、当時はまだまだ高校生だったので、自分のできることだけを頑張ってた。

小田さんがコンサートの序盤でもはや、オフコースの曲を歌う。
「愛の中へ」
懐かしい「Three and Two」の1曲目だ。
[続きを読む...]
渋谷すばるくん
2018年04月20日 (金) | 編集 |
先週は衝撃が走った。
すばるのエイト脱退と退所、そしてメンバー全員での会見。

すばるの気持ちは、人間としてすごく納得がいく。
彼は一人の大人の男性で、野望もあるし、夢もあるし可能性を信じてる。私も自分の人生を振り返ると、一度この仕事を退職したのが、彼と同じくらいの年だった。尊敬する灰谷健二郎先生も35歳だったかな、同じような年で教壇から降りられたことを、その決断を私も信じてやめたんだった。

大人として
一人の人間として
当たり前のことだと感じる。
だけど、少年の頃から慣れ親しんだ場所や友達に背を向けることへの決断は、それはそれは勇気が必要だったことと思います。

メンバーとの会見。
エイトは本当に立派にこなしたな、そしてよくああして親友の背中を押してあげたと思うと、涙が出てくるのです。

すばるの決心を、真実を話す姿もさることながら、メンバーみんなの言葉が本当に温かく、優しく、人と人の繋がりはなんと尊くて美しいのだろうと思わされました。

ヒナちゃんの言う、幼馴染という表現
ヨコの、ほんまにこの日が来て欲しくなかったという涙に濡れた顔
なにかがまかり間違って、すばるが気持ちを変えてくれないかと心から願っていた友達の涙。
マルの、好きすぎて、、という言葉。わかるから、わかるからこそ引き止めてしまう自分をどうしようもなかったのだろう。
たっちょんのエイトにいては叶えられな夢なのかという言葉も、亮ちゃんの、、、あれ、なんて言ってた?爆!

どの言葉にも、すばるをリスペクトして一緒に歩いてきたからこその愛がたっぷり入っていた。人前で話すのが苦手なすばるを、一人にできなかったという思いや、とにかく私たちが知ってる仲良しの彼らの姿は真実だったんだということか伝わった会見でした。

そして、何より

これまで私たちジャニオタは何度、
誰かが急にやめたりいなくなったりした時に
なにも語られれず
なにと知らされず
まるでそこにその人が初めから存在しなかったような
そんな彼らの事務所のやり方を何度見てきたことか。

どんなにファンが懇願しても消えて行く人がいて、
急に夢や希望を奪い取られるようなそんな瞬間が、これまで何度あったことか。

誰だって意思を持っていて
気持ちがあって
心があるんじゃないのか。
どうして私達はなにも知らされず、
何も言うことができないのか、
何も知ることができないのか
納得の出来ないことがたくさんあった。

エイトのポジションだからできたのかもしれないけれど、
本当にファンを大切に思ってくれてるんだなと感じました。エイターさん達は、これから当分は辛い。すばるを失うんだもの。だけど、愛されてるなあと思いました。エイトメンに。7人に。

本当に立派な会見だったと思います。

かく言うわたしは、エイターさん達には全く及びませんが、ファースト、セカンドとあと何回かコンサートにお邪魔しています。

初めて行った真駒内アイスアリーナで、マルが目の前に立って大阪ロマネスクを歌い出して、梅田駅という言葉を聞いた時、急に涙があふれ出したこと。

すばるの乗ってた機械?乗り物がうごがなかった時、マルが後ろから走ってきて二人が外周を並んで走り始めたこと。

パズルが大好き。
どの場所を聞いてもその風景が目の前に広がるけれど、何より

太陽の塔

大阪のわたしの実家から、ずっと見えていた風景。実家をたたんで両親を連れて最後に伊丹に向かうタクシーから見えた太陽の塔。
両親に隠れて涙を拭いたこと。

頑張って欲しい。
すばる。
わたしと同じ茨木市出身!
それからエイトのことも、応援したいと思いました。



iPhoneから送信
Family song 〜大人の遠足〜
2018年02月12日 (月) | 編集 |
とても不思議な体験をしてきました。

約2年ぶりに私の故郷、大阪に帰ってきました。
大阪は、思うだけでも涙が出そうになるような私の故郷です。
でも、もう実家もなくなり帰る場所はありません。(いえ、京セラドームがありますけど。)

そんな私が今回戻ったのは、同窓会のためです。

人との繋がりなんて全く希薄な私です。
家族の繋がりすら希薄で、誰のおかげで生きてんねんって周りに言われても致し方ないくらい失礼に失礼を重ねながら歩いてきた私を、同窓会に誘ってくださった方達がいました。

小学校の6年3組の皆さんです。
[続きを読む...]
近頃の普通の私
2017年12月09日 (土) | 編集 |
ああもう一回pray見たいな〜。。。。
と思うけど。

でも、欲張らないと思っている今の私。

今年ももうすぐ終わりますねえ。

私は今年大殺界の3年目と言われているお年頃です。
現在進行形ですが、もう少しで終わります。
[続きを読む...]
嵐コン札幌3日目
2017年11月19日 (日) | 編集 |
みんな帰っちゃって、泣きそう。
寂しくて泣きそう。
行きの地下鉄から泣きそうだった。

prayを、聴いてる時
私たちは雪になったね。
札幌も、今日は雪景色。
遠くから来られたみなさんは、きっと雪に包まれたこの場所で、少しあのステージに近い気持ちになってもらえたかしら。

これが北国の冬ですよ?

私たちが雪のひとひらになった時
ずっとね。
ほんと言うとね、今までペンライトに疑問を持っていた私なんだけど、

ちょっぴり
いいもんだと思った。
いえ、ずいぶんいいもんだって思ってるんだけど。

私はずっと、
私のペンライトの光は五万のうちのたったひとつ。だけど、私のこの光がなければ、このペンライトと海は作れないんだって思っていたんだ。

だから、制御されるようになって、もう私のひとつの光は、もう五人には届かないのかなと思ってた。

だけと、今日
prayで、私のペンライトが真っ白にときどき光るのを見て、
ああ、私は雪になったんだと思った。
そして、
降る雪をあの街から、君たちが見てるんだって思った。
だとしたら、私のこのひとひらの雪は、なくてはならないんだって納得した。

雪の精みたいな、浮かんでる五人と、降り積もる雪。
私たちみんなが揃わなきゃダメなんだ。

雪は誰の上にも降りしきる。

子犬の上にも
人にも
屋根の上
お金持ちの人
カナシミをもつ人
それから
嵐の五人の上にも

平等に。

今日はそんな想いで、スタンドの上のほーにいたよ。

嵐が大好き。
ありがとう。
いっぱい。



iPhoneから送信