幸せな時間をありがとう。
2018年11月18日 (日) | 編集 |
札幌3日目。

私が出会ったあの日から、ずっと頑張ってくれてありがとう。
5人が健やかで楽しく、ここまで歩いてきてくれてありがとう。

私は、
嵐に出会った日

嵐と一緒に歩いて行こう

そう思った。
いつの日か、私が飽きちゃったりしたら仕方ない、そしたらもういいや。
とにかく行けるところまで行こう。
そう思って、あれから15年。

私の人生に数々の彩りを与えてくれた。
大切なものが見つかって
たからものになって
唯一の5人になった。

会ったことはないけれど、
いや、会ってるけど、
もしも会えたら話したいことがいっぱい。

あっちこっちで応援したよ。

時には札幌きたえーるで、
グローブ座で
彩の国で
国立競技場で
青劇で
東京ドームで
京セラで
ヤフオクドームで、
ナゴヤドームで
そして、ここ
札幌ドームで

あ、武道館で
あ、ニューヨークのシアターで。

君たちが頑張る姿を応援することに必死だった私の人生の、これまで15年間。

楽しかったよー!

そして、、
君たちの20年目が始まる。

大丈夫大丈夫。
まだまだ、君たちのいる場所にいく。
そこは私のパワースポットだ。

もう東京かな。
美味しいもの食べたかな。
大好きだ!
相葉ちゃん、ニノ、おおちゃん、翔ちゃん、潤くん。
呼び方もずっと昔のまま。

君たちの笑顔も、ずっとそのまま。



iPhoneから送信
札幌2日目
2018年11月18日 (日) | 編集 |
今日の1位。

翔ちゃんのご挨拶。
2004年相葉ちゃんがトップ取ろうっていう手紙を書いて泣いた話、わかるかな。

会場の五万人がはーい!って手を挙げた。

わたし、あの日。
武道館にいた。
いいえ。正確にいうとその前日なんだけどね。
あの日は、5人が心配で、何度も何度も何度でも募金に入ってた。

そして、
とうとう杉田かおるさんが帰ってくるとき、私たちは武道館から外に出されて、それでも武道館のそばでその最後を見てた。

あの日の夢。
いつしか1つ1つが目標になったと言った翔ちゃん。

君たちは、大切なひとつひとつを生きてた。
頑張って頑張って勝ち得た
ひとつひとつ。

あの日の武道館の5人は、背筋がスッと伸びてて、ずっと同じ姿勢で緊張してた。

本当に頑張ったなと思う。
今の嵐に、本当よく頑張ってなったと思う。
とんでもなく、険しい道だって歩いたんだろうな。

そして、
ニノ。
私だって思うんだ、嵐と一緒にここまで歩いた、私にとっての2004年からずっと、このこと誰が一体わかる!?って思う。
ただ

でも、楽しかった。
ああ、楽しかったなー。
一緒に歩けて楽しかったな。
一緒に笑って
一緒に泣いたな。
心配したな。
ワクワクしたな。
しょんぼりしたり、大喜びしたり
五人がいなかったらこんなに楽しい15年はなかったな。

だから、
やっぱり
ありがとうばっかりの
ありがとう地獄。

iPhoneから送信
札幌1日目
2018年11月17日 (土) | 編集 |
今日の一位。
相葉ちゃんのご挨拶の

はじめの10年は、嵐にしがみついていました。

という言葉でした。
ああ、そうだったんだと胸が熱くなりました。
なぜなら、私もそうだったから。
10周年のころ、私たちファンもしがみついていたよ。嵐に。

振り落とされないように、
忘れ物をしないように
駆け抜けたよ。

君たちなの走るスピードが加速したから。
だけど、君たちも辛かったんだね。
必死に走っていたんだね。

そのことが、今日の一位。

あとは全部楽しくて、全部ハッピーだった!

iPhoneから送信
さあ!お祭りだ!
2018年11月16日 (金) | 編集 |





10年前、アメリカに住んでいた時に、このうちわを作って5×10に参戦した。

あのときの、

10年前にファーストコンサートに来てくれた人、今どうしてるかな?

という潤くんのナレーションが忘れられない。

そして、さらに10年すぎた。
コンバッグには、私が初めて参戦した、いざナウのロゴがあって、懐かしくて懐かしくてたまらない。

さあ、始まる!
おめでとう、嵐。
そして、
おめでとう、支えてきたファンの私たち!


iPhoneから送信
「この道を」〜小田和正 ENCORE!!ひとり反省会〜
2018年10月14日 (日) | 編集 |
小田和正さんのコンサートに行った。

私はずっとずっと昔、オフコースの追っかけだった。
今でこそ追っかけでオタなんだけど、当時はまだまだ高校生だったので、自分のできることだけを頑張ってた。

小田さんがコンサートの序盤でもはや、オフコースの曲を歌う。
「愛の中へ」
懐かしい「Three and Two」の1曲目だ。
[続きを読む...]